「正しく知り、正しく対策」
従業員教育で、感染対策の意識改革を

私たち人類が誕生する以前からウイルスや細菌は地球上に存在し、人類の歴史と共に古くから感染症と共存してきました。長い歴史の中では、ペストやコレラ、赤痢、等々、多くの人の命を奪い、人類にとって大きな危害となる流行もしばしば発生していました。

近年、グローバル化の進展や環境変動等により、これまで国内では侵入や発生が考えられなかった感染症が起こり得る時代がやってきました。日常的に私たちは様々な感染症のリスクとうまく付き合いながら生活していかなければなりません。一方で感染対策は、ウイルスなどの「見えない敵」との戦いです。
過度に恐れることも、リスクを過小評価することも、正しい向き合い方とは言えません。リスクに対して「正しく知り、正しく対策すること」が重要です。そして、お客様と向き合う従業員全員が、感染対策の基本について正しい知識を持たなければ、自信を持って感染対策に取り組むことはできません。

withコロナ、afterコロナの時代では、一人ひとりの感染対策に対する意識を高め、知識を深めることが求められます。とりわけ、一人ひとりの意識の持ち方が、命運を大きく左右します。

一般社団法人感染対策アドバイザー協会では、感染対策に関する情報提供や教育活動を通じて、全ての店舗や施設、事業所が自信と誇りを持って事業を継続できるよう、感染症リスクの拡大防止に貢献して参ります。

感染対策アドバイザー検定について

当協会では、店舗の店長さんや施設の従業員の方々、またオフィスの総務担当の社員さんなどを対象とした「感染対策アドバイザー検定」を新たにスタートいたしました。
感染対策の基本を学ぶ講座を受講していただき、その後の検定試験に合格していただくことで、当協会から「合格認定証(AAI認定証)」を発行させていただきます。
合格された方は、自ら学んだ感染対策の基礎知識を、 自店や自社のスタッフに伝えていく使命があります。ただ単にこの検定試験に合格するだけでは、感染対策は機能しないのです。
従業員教育を推進することで、感染対策をより強固に機能させることを目的とした検定試験です。

検定試験の情報はこちら

法人名
一般社団法人感染対策アドバイザー協会
住所
東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地
設立
2020年8月24日
代表理事
中村明子
中村明子

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、様々な業界が新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的としたガイドラインなどを作成しています。

例えば、手洗いマニュアルに示された一つひとつの手順にも目的や意味があります。一つひとつの手順が、病原体をなくすことにつながっているのです。社員・スタッフがより積極的に感染対策に関する知識を正しく学ぶことによって、初めてガイドラインは機能します。

そのためには、社員教育、スタッフ教育の徹底を図らなければなりません。感染防止対策は様々な対策の積み重ねによって効果を発揮します。「この対策を徹底すれば新型コロナウイルス感染症の拡大は防げる」という“万能の対策”は存在しません。一方で、すべての対策を徹底しても、感染リスクを100%防いだことにはなりません。一人ひとりが「自分にできる感染対策」を意識し、理解し、実行することが、感染拡大を防ぎ、ひいては皆様の店舗や施設を訪れるお客様や、共に働く同僚の生命と健康を守ることにつながります。

もう一つ重要な点として、感染症に関する情報は刻一刻と変化します。当協会では、常に最新情報の収集、および教育内容のアップデートに努めて参ります。

当協会の教育や検定を活用することで、店舗や施設で働く一人ひとりが「正しい感染対策に取り組んでいる」という自信と誇りを持って、日々の業務に向き合えるようになると思います。社員・スタッフの意識レベルが上がることで、感染拡大が抑制されることを願ってやみません。

代表理事 医学博士 中村明子

中村明子 略歴

昭和33年
国立予防衛生研究所細菌部
昭和59年
国立予防衛生研究所細菌部室長
昭和62年
共立薬科大学法人評議員
平成元年
東京大学医学部非常勤講師
平成2年
英国中央公衆衛生研究所
平成8年
国立予防衛生研究所(現国立感染症研究所)を定年退職
平成8年
国立病院機構東京医療センター付属東が丘看護学校非常勤講師
平成8年
東京医科大学客員教授
平成8年
共立薬科大学法人理事
平成9年
共立薬科大学客員教授
平成9年
国立感染症研究所感染症情報センター客員研究員
平成18年
共立薬科大学特任教授(感染症担当)
平成20年
慶應義塾大学薬学部客員教授

現職

東京大学医学部客員研究員
東京医科大学兼任教授( 微生物学分野担任 )
特定非営利活動法人 栄養衛生相談室理事長
一般社団法人慶應義塾大学薬学部KP会 理事
一般社団法人関東学校給食サービス協会 顧問
日本臨床腸内微生物学会 監事

関係公務

厚労省(厚生省)
公衆衛生審議会専門委員 / 感染症サーベイランス情報解析委員 / 食品衛生調査会食中毒部会委員 / 腸管出血性大腸菌O157感染症治療マニュアル作成委員 / サルモネラ食中毒の発生防止に関する分科会委員 / 厚生労働科学研究費補助金事前評価委員
文科省(文部省)
保健体育審議会委員 / 学校給食における衛生管理の改善に関する調査研究協力者会議委員
東京都
東京都学校保健審議会委員 / 東京都食品衛生調査会委員 / 東京都食品安全情報評価委員会委員 / 東京都食品安全情報評価委員会 専門部会委員長
学会役員
日本感染症学会評議員